熊谷俊人公式Webサイト

ともにつなげる未来の街づくり

最近の活動・お知らせ一覧

公式ブログ一覧

熊谷俊人公式Twitterフォローする

熊谷俊人

  • イタリアの憲法改正の国民投票否決が「ポピュリズム」「反エスタブリッシュメント」の流れに分類されることに違和感を感じます。憲法改正の内容が広範にわたる挑戦的な内容だったこともあり、中間派の支持が得られなかったことが大きな要因ではないでしょうか。各条文の評価を報道には期待したいです2016/12/06 09:44:44
  • @Karate_kid1980 はい、国体等、行幸啓を用いるもの以外は基本的に「ご訪問」となります。また、行幸啓を用いる場合であっても「ご訪問(行幸啓)」という表記もあり、どのような場合であっても「ご訪問」が不敬というわけではありません。2016/12/06 09:25:03
  • 現代において、動詞で用いる場合は「○○をご訪問」と使います。これは宮内庁も同様です。
    皇室に対して敬意を抱くことは素晴らしいことですが、昨今ややもすると特別な表現の使用で敬意の有無を判断するきらいがあり、それは本質と異なるので気を… https://t.co/7t1PftRHXE2016/12/06 07:32:17
  • おはようございます。大谷選手が来シーズンオフにメジャーリーグ挑戦が容認されるとのこと。何度も球場で見ていますが、特に昨年は非現実的なものを見ているような、不思議な感覚になったことを覚えています。もう日本で見納めかもしれないということで、来シーズンは球場に足を運ぶ人が増えそうですね2016/12/06 06:34:51
  • 千葉市に問い合わせも無く、厚労省に提出した法定監査の数値を使用し、まるで立ち入り調査がきちんと行っていないように報道されることは大変不本意であり、同じく不当に混同された自治体とともに訂正記事を要求しています。2016/12/05 17:21:03
  1. もっと見る
マニフェスト
  1. 詳しく見る
対談・動画
  1. 詳しく見る
メディア掲載・インタビュー
  1. もっと見る