県政ビジョン

東京の隣にありながら豊かな緑と海に囲まれた千葉。
過密化を良しとしてきた東京価値観に対して、
広やかな環境で生きる、働く価値を力強く提示し、千葉の未来を切り開く

市長在任11年の間、数多くの災害やコロナ対策で陣頭指揮を執ってきた危機管理の経験を活かし、不確定な時代・気候危機の中で県民の命とくらしを守る県政を実現する

県政ビジョン

現場主義と対話で開かれた県政を実現

ビジョン1

現場主義と対話で開かれた県政を実現

1万人以上の職員を抱える政令市で職員の創意工夫を引き出し、300回以上の市民対話による開かれた市政を推進した経験を活かし、県民目線の開かれた県政に転換

コロナ対策にリーダーシップを発揮

ビジョン2

コロナ対策にリーダーシップを発揮

市町村との連携が不十分な現状を改め、合同対策本部を設置し、病床確保・検査体制の拡充・ワクチン接種・中小事業者の底支え等をオール千葉県で進める

災害から県民を守る「防災県」を確立

ビジョン3

災害から県民を守る「防災県」を確立

1日も早い復旧・復興、新たな災害への備えを市町村と連携して推進し、災害に強い千葉県を作る

東京依存ではない千葉経済圏を確立

ビジョン4

東京依存ではない千葉経済圏を確立

民間出身市長として1万人以上の雇用を創出した経験を活かし、自然と調和した産業拠点や成田空港を活かした国際拠点の整備、テレワークによる房総の海辺や里山での2拠点生活や移住を促進

半島性を克服する交通インフラの充実

ビジョン5

半島性を克服する交通インフラの充実

アクアライン800円の維持、圏央道・北千葉道路を始めとする県内各地を活性化する交通インフラを充実する

超高齢化時代に対応した医療・福祉の充実

ビジョン6

超高齢化時代に対応した医療・福祉の充実

住み慣れた場所で安心して医療や介護が受けられる医療・介護提供体制を整備する

子育て世代の知事として「小さな手に大きな未来を」

ビジョン7

子育て世代の知事として「小さな手に大きな未来を」

IT教育や専科教員の大幅増員など県独自の教育改革、自然保育の県認証制度や幼児教育の充実により、「生きる力」を伸ばし、時代の変化に対応できる「太陽の子」を育てる

豊かな海づくり、里づくり

ビジョン8

豊かな海づくり、里づくり

海洋立県・千葉の確立。茨城県と連携しての「Tokyo East構想」、千葉県でしか実現できない豊かなライフスタイルを実現する

誰もがその人らしく生きる、分かりあえる共生社会を

ビジョン9

誰もがその人らしく生きる、分かりあえる共生社会を

全国で唯一、男女共同参画条例が制定されていない千葉県を変革し、女性・障害者・LGBTなど「違いを認め、違いを力に変える」条例を制定、多様性ある千葉県を創る

「千葉県を経営する」 行政の縦割りを超える

ビジョン10

「千葉県を経営する」 行政の縦割りを超える

千葉市で結果を出した行財政改革やデジタル化を県政でも実行。行政の縄張りを越えた最適化・デジタル化・資産経営などに取り組み、行政の新たな形を創造する

県と政令市の理想的関係を構築し、千葉県の総力を高める

ビジョン11

県と政令市の理想的関係を構築し、千葉県の総力を高める

合同戦略本部の設置、消防ヘリの共同運用、水道事業の一本化など、千葉市民はもとより県民にその恩恵を還元する